最新映画、話題作を観るならワーナー・マイカルで!

2007年07月09日

男でも甘い酒が飲みたい

『飲みやすい甘さ 女性中心に支持』

新聞に、「梅酒の人気が高まっている。」という記事が載ってました。

酒類メーカー各社が消費者の嗜好の多様化を受けて、材料や製法に工夫した付加価値のある商品を続々と売り出しているそうです。

私はお酒を殆ど飲まないのですが、それでも、梅酒やカクテルといった甘いお酒は好きで、たまに買って飲んだりしています。

そういえば、以前勤めていた会社で飲みに行った時、私が白ワインを頼んだら、「何そんな甘ったるい子供が飲むようなもの頼んでんだ!」って言ってた上司がいたなー

さて、新聞記事でいくつか商品を紹介していた中で気になったものがありました。

まずは、梅酒大手のチョーヤ梅酒が出している、京都産の宇治茶を梅酒で抽出した「宇治茶梅酒

チョーヤ 宇治茶梅酒 720ml


梅酒で抽出したお茶ってどんなんだろ?メーカー曰く「香りが良くすっきりした味」だそうです。

次に、宝酒造が出している、和三盆糖を使用した「和三盆梅酒

宝 和三盆梅酒 720ml 14度


和菓子などで使われる和三盆を使用したもので、砂糖にこだわり「上品な甘さ」だそうです。

二つとも和のテイストの梅酒で美味しそうですね・・・ってあれ?梅酒が和のものだから、和のテイストは変か?サントリーが出しているウイスキーの樽で仕込んだ梅酒とかを、洋のテイストの梅酒って言うのが正しいのかも・・・

とにかく、この「宇治茶梅酒」と「和三盆梅酒」は、今度お店で見つけたら買ってみようと思います。


楽天で”梅酒”を検索してみる。
楽天で”チョーヤ梅酒”を検索してみる。
楽天で”宝酒造”を検索してみる。


人気ブログランキングに参加しています。
最後まで読んだ人はぜひクリックしよう(^_^;)→ここをクリック!







ラベル:梅酒
posted by Shin at 12:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 新聞を読んで | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。