最新映画、話題作を観るならワーナー・マイカルで!

2007年02月11日

自分で考える力をつける算数の本

『数学は、「数が苦」ではなく、「数楽」である』

今日読んだもの:「自分で考える力をつける算数の本」

数年前から、算数を題材にした大人が(も)楽しめる本がいっぱい出ていますが、これもそんな本のひとつになります。

何冊か並んでいる中で、これを選んだのは”イラスト”が多かったから・・・という実に単純な理由です(^_^;)

私は中学のころ一番好きな教科が”数学”でした。そのころは”勉強”というよりも”クイズ”を解いている感覚に近く、数学大変楽しかったのを覚えています。

しかし、高校になってからは楽しい感覚はなくなり、好きな教科ではなくなってたなー

さて、この本ですが、「なるほど!」と思うところが多く、全体を通して楽しむことができます。ただ、問題の意味自体が分からないのが2,3問あって、それが残念ですね。そんなのがあると「やっぱり算数(数学)って難しい」ってなると思うから・・・

でも、今なぜ、このような本やゲームが流行っているんだろう?
私がこの本を買ったのは”頭が硬くなったなー”と思ったからだけど・・・みんなそうなのかな?

ところで、私は算数で未だに納得いかないことがあります。
0÷2=0
でよね。 じゃあ
2÷0=
は、なぜ”2”じゃないんだろう・・・?

人気ブログランキングに参加しています。
最後まで読んだ人はぜひクリックしよう(^_^;)→ここをクリック!


posted by Shin at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍を読んで | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。